NEWS

ニュース

  • 試合
  • クラブ
  • メディア
  • STVV
  • 試合
  • クラブ
  • メディア
  • STVV

【試合レポート】橋岡選手のクロスから鈴木選手が今季15点目!残留確定に向けて大事な勝点3を獲得。

第32節 メヘレン戦 スタイエン(H)

日時:4月4日(日)AM1時30分

結果:2-1
得点:鈴木(11分)、ムボヨ(41分)、デ・カマルゴ(90分)

日本人選手:シュミット ダニエル、鈴木優磨、橋岡大樹

 

【先発】
GK/ シュミット

DF/ 橋岡、ピウス、ブアトゥ、カカーチェ

MF/ ラヴァレー、デ・リダー(89分 ヤンセンス)、ブルース(80分 コナテ)

FW/ 鈴木、ムボヨ(89分 フィリーポフ)、コリーディオ(86分 ヴァン・デッセル)

 

リーグ第32節は、ホームにメヘレンを迎え入れた。第31節ベフェレン戦は、チーム内に新型コロナウイルス感染症の陽性者が7名以上出た影響で延期され、その後代表ウィークに突入した結果、約1ヶ月ぶりの公式戦となったSTVV。ブルース選手とコリーディオ選手がスタメンとシャルルロワ戦からスタメンを2人変更し、4-3-3と攻撃的なフォーメーションでキックオフ。

 

開始早々にミスから決定機を許してしまう。5分、デ・リダー選手のパスミスからシュートを受けるもシュミット選手がセーブ。11分、ピウス選手のサイドチェンジに抜け出した、橋岡選手のクロスに鈴木選手が合わせてネットを揺らした。鈴木選手の今季15点目は、勝利が必須なゲームで待望の先制点。16分、23分のシュートもシュミット選手が難なくセーブ。先制後もピウス選手のサイドチェンジから、何度も橋岡選手が抜け出しチャンスメイク。

 

34分、CKから鈴木選手がヘディングシュート。35分、クロスからピンチもシュミット選手が立ちはだかり、簡単には得点を許さない。40分、ブルース選手のクロスにファーに走り込んだ鈴木選手が倒されPKを獲得。このPKをムボヨ選手が落ち着いて左に流し込み、ムボヨ選手の今季10点目は必要にしていた追加点。2点リードと理想的な展開で前半を折り返した。

 

このまま優位に進めていきたい後半だったが、メヘレンにスイッチが入る。48分、50分にピンチを招くも、シュミット選手が安定のセーブ。試合を通して両サイドバックが高い位置を取ったSTVVは、55分、クロスから鈴木選手がヘディングも、相手GKの好セーブで防がれた。

 

68分、ブルース選手とコリーディオ選手のリンクアップから鈴木選手がクロス。続けてCKのこぼれ球から、鈴木選手がフリーで合わせるも枠外。試合を終わらせる3点目を中々奪えずも、78分、大ピンチも再びシュミット選手。何度も好セーブを見せるシュミット選手がメヘレンゴールに立ちはだかった。80分に、コナテ選手を投入し、慣れた5-3-2にフォーメーションを変更し、試合を締めにかかります。

 

選手交代でリフレッシュな選手を投入するも、守備の時間帯が続いたSTVVは、90分にクロスから失点。その後は一進一退の攻防を見せ、試合終了のホイッスルまで身体を張って戦い抜いたSTVVが2-1で勝利。1部残留確定に向けて、大事な勝点を獲得。

 

 

次節→リーグ第31節  4月7日(水)2時00分 ベフェレン対STVV