STVV(シント=トロイデンVV)日本公式サイト

VOETBAL, VOLK & VUUR

STVV
STVV

NEWSニュース

2024.02.22【お知らせ】医療法人社団白浩会 エス歯科グループ様とのスポンサー契約締結に関して

シント=トロイデンVV(以下、STVV)は、この度、医療法人社団白浩会 エス歯科グループ様(本社: 神奈川県横浜市)と2023-2024シーズンのシルバースポンサー契約を締結しましたことをお知らせいたします。     また、エス歯科グループ様を弊クラブのオフィシャルデンティストとしてお迎えし、ヨーロッパの地で選手やスタッフが最良のパフォーマンスを発揮できるよう、お口の健康を全面的にサポートしていただきます。 なお、トップチームの選手が着用する2023-2024シーズン 練習着(胸・背中)に医療法人社団白浩会 エス歯科グループ様のロゴを掲出しております。   ■医療法人社団白浩会 エス歯科グループ様 コメント 「この度、STVV様とスポンサー契約を締結し、世界へと挑戦し続けるSTVV様のお力添えが出来ることを大変光栄に思っております。 エス歯科グループは、生涯、歯で困ることのないライフスタイルの実現を目指すというビジョンのもと、『自分が治療を受けたいと思う歯科医院』をコンセプトに横浜・町田エリアにて6院を運営する法人です。エス歯科グループでは、これまで様々なアスリートの支援を通して、スポーツ歯科の知識や技術、経験を培って参りました。STVV様の選手やスタッフの皆様がより高いパフォーマンスを発揮できるように、歯科治療やメインテナンス、マウスガードの提供など、歯科医療分野からオフィシャルクラブデンティストとしてサポートさせていただきます」   ■会社概要 社名: 医療法人社団白浩会 エス歯科グループ 代表者:理事長 白井 崇浩 所在地: 神奈川県横浜市西区高島1—2—5 横濱ゲートタワー1階 事業内容:歯科全般 / 矯正・インプラント・顕微鏡治療・精密審美治療・予防歯科・口腔外科・小児歯科 公式サイト: https://www.s-dental-group.com/

  • スポンサー

2024.02.21【お知らせ】株式会社Smarprise様とのスポンサー契約締結に関して

シント=トロイデンVV(以下、STVV)は、株式会社Smarprise様(本社:東京都渋谷区) と2023-2024シーズンのカナリアススポンサー契約を締結しましたことをお知らせいたします。     日本人選手や指導者、ビジネススタッフの欧州〜世界挑戦、さらにはスポーツだけにとどまらず日本とベルギーの橋渡しとなるSTVVのビジョンに賛同していただき、カナリアススポンサー契約に至りました。   【株式会社Smarprise 代表取締役 五十嵐 健様 コメント】 「当社も2024年からグローバル展開に挑戦をするべく、積極的な事業推進をしてまいります。『日本を代表するコンテンツ産業の架け橋になる』をパーパスに掲げる当社と、日本とベルギーさらには、日本サッカーを世界につなぐきっかけ作りにも挑戦しているSTVVに強く共感し、今回の契約締結となりました。STVVの挑戦に負けないよう、当社もあくなき挑戦をこれからも追求してまいります。」   ■会社概要 社名: 株式会社Smarprise 代表者:五十嵐 健 所在地:(本社)東京都渋谷区恵比寿1-19-19恵比寿ビジネスタワー10階 事業内容:グッズECプラットフォーム事業、IPコラボ事業、MD事業、OEM開発事業 公式サイト:https://smarprise.co.jp/

  • スポンサー

2024.02.19【リーグ第26節 アンデルレヒト戦】 前半に幸先良く先制も、2位アンデルレヒトに屈して後半に4失点。順位も9位に後退。

リーグ第26節 アンデルレヒト戦 (A) 2月19日(月) AM2時30分 結果: 4-1 得点:ステウカース(8分)、アザール(49分)、ストロイケンス(52分)、ドルベリ(55分)、バスケス(75分) 日本人選手:藤田譲瑠チマ、鈴木彩艶、伊藤涼太郎   【先発】 GK/ 鈴木 DF/ ヴァン・ヘルデン、スメット、ゴトー MF/ヴァンウェセマール(75分 ベルタッチーニ) 、デロージ(92分 デュモン)、藤田(69分 伊藤)、ボキャ FW/ステウカース、ザヒロレサラーム(76分 カヤ)、コイタ(76分 ヤンセンス)     前半8分、STVVは最初の決定機をモノにする。鈴木選手のロングボールから相手DFのミスを見逃さなかったステウカース選手がGKとの1対1を冷静に制し、先制点を獲得。続く10分にも好機。右サイドのクロスのこぼれ球に反応した藤田選手が、難しいバウンドを合わせて豪快なミドルシュートを放つが、ここはクロスバーを越えた。その後はアンデルレヒトにボールを握られ押し込まれる時間帯が増えていく。36分には、鈴木選手のパスミスから決定機を作られるも、シュートは枠の外に外れ難を逃れる。先制したSTVVだったが、15分以降はシュートを打てず。それでも1点を守り切り、0-1で前半を折り返した。     すると後半49分、立ち上がりに右サイドのクロスから失点。一気に流れを持っていかれたSTVVは、続く52分にも、ミドルシュートを決められ立て続けに失点。短時間で逆転を許すと、55分には、中央から3失点目。一度傾いたアンデルレヒトの流れを止めることができず、一気に飲み込まれてしまった。STVVも負けじと反撃に。右サイドのステウカース選手から中央でボールを受けたデロージ選手が左足でゴールを脅かす。しかし75分、PKから失点。諦めずに86分、カウンターでステウカース選手が持ち運び、最後はベルタッチーニ選手がシュートを放つも、GKがセーブ。反撃の1点を奪うことはできず、このまま4-1で試合終了となった。次節は、創立100周年記念試合となるウェステルロとのホームゲーム。リーグ戦は残り4試合。最後までPO1進出への可能性を残すためにも、必ず勝ち点3を勝ち取りたい。  

  • 試合
  • チーム
  • メディア

PICK UP
PLAYERSメンバー

VIDEO動画