NEWS

ニュース

  • 試合
  • クラブ
  • STVV
  • 試合
  • クラブ
  • STVV

【試合レポート】関根選手初出場、今シーズン初勝利!【オーステンデ戦】

 

日時:9月2日(日)3時キックオフ

場所:スタイエン(H)

結果:1−0

得点:ボタカ(75分)

日本人出場選手:冨安健洋、遠藤航、関根貴大

 

【先発】
GK/ステッペ

DF/冨安、テシェイラ、デ・ペッター

MF/デ・ノーレ、デ・サート、ベズス(→90‘サンコン)、遠藤、ボタカ

FW/ボリ(→82’関根)、ブヤ(→46’ ナゾン)

 

日本で行われる代表戦に選出された遠藤選手は4戦連続のスタメン出場、冨安選手は開幕からの連続スタメン出場。
代表ウィークを気落ち良く迎えるためにも、今シーズン初勝利を目指します。

 

冨安選手は試合を通して体を張ったディフェンスで突破を許さず、ビルドアップではサイドチェンジを駆使しながら積極的に攻撃参加。
遠藤選手は相手の攻撃の芽を摘み、アンカーとして常にチームのバランスを取りながら、試合をコントロール。

序盤から積極的に攻めていくSTVVは開始5分ショートコーナーから遠藤選手のワンタッチのリターンをボリ選手がシュート!
これは惜しくもバーに弾かれゴールならず。39分のベズス選手のFKからのフライスルーパスにブヤ選手が抜け出しゴールチャンスとなるも僅かに合わず。
前半はセットプレーからチャンスを作りますが、惜しくも得点を奪えずにハーフタイムを迎えます。

 

後半からハイチ代表に選出されたナゾン選手を投入し、先制点を奪いに行きます。

52分ベズス選手のFKにテシェイラ選手がピタリと合わせてヘディングシュートを打つも、わずかに左に外れます。
更に55分にもビックチャンスを創出。
ボタカ選手がドリブルで駆け上がり、前線に残っていたテシェイラ選手にパス。テシェイラ選手の素晴らしいクロスからボリ選手がフリーでヘディングもクロスバーを超え得点ならず。

今シーズン初勝利を目指すSTVVは、73分にベズス選手のスルーパスからデ・ノーレ選手のシュートはGKのスーパーセーブに弾かれCKへ。
そのCKのショートコーナーからボタカ選手がドリブルでペナルティーエリアに侵入し、相手DFに倒されPKを獲得。
キャプテンのボタカ選手が自身で獲得したPKを左に沈め、待望の先制点を奪取します。

 

83分に関根選手、90分にサンコン選手がSTVVデビュー、フレッシュな選手を投入し勝ち点3を死守するマーク・ブライス監督の采配が奏功し、1−0で試合終了。

スタイエンに駆けつけたサポーターに待望のシーズン初勝利プレゼントしたSTVVの選手たち。試合後はサポーターとともに喜びを分かち合いました。

 

今節の勝利で9位に浮上したSTVVは次節はKAAゲントと対戦(9月17日3時キックオフ)。STVVの2連勝と、デビューが期待される小池選手と鎌田選手を加えた日本人選手の活躍をスカパー!で応援しましょう。