【リーグ第5節 サークル・ブルージュ戦】最後まで諦めずに攻め込むも、ゴールを奪えず0-2で敗戦。 | STVV(シント=トロイデンVV)日本公式サイト

ニュースNEWS

2023.8.28

  • 試合
  • 全て
  • チーム

【リーグ第5節 サークル・ブルージュ戦】最後まで諦めずに攻め込むも、ゴールを奪えず0-2で敗戦。

リーグ第5節サークル・ブルージュ戦(H)

8月27日(日)23時00分

結果: 0-2

得点:ソマーズ(64分)、デンキー(69分)

日本人選手:橋岡大樹、伊藤涼太郎、山本理仁、藤田譲瑠チマ、鈴木彩艶

 

【先発】

GK/ 鈴木

DF/ ヴァン・ヘルデン(70分 伊藤)、スメット、ゴドー

MF/ 橋岡、藤田(70分 山本)、デロージ、ボキャ

FW/ステウカース、カヤ(70分 バーンズ)、コイタ

 

 

ホームにサークル・ブルージュを迎えベルギーリーグ第5節に挑んだ。シュミット選手に代わり、鈴木選手がデビュー戦で初スタメンとなった。

昨シーズンと比べパスの本数、成功率が増えているSTVV、GKからパスを回しゲームを組み立てていく。前半4分、左サイドのボキャのクロスから橋岡選手がファーストシュートを放つも枠外に逸れる。6分、強烈なミドルシュートを打たれるも、鈴木選手がキャッチ。続く9分、後ろからパスを繋げ中央で受けた藤田選手がミドルシュートを放つが、惜しくも枠を逸れる。せめぎ合いが続くが、両者決定機を作れず。37分には、藤田選手のインターセプトをきっかけにショートカウンターでボールを運び、コイタがシュートを放つもGKに弾かれる。両者ゴールネットを揺らすことはできず、スコアレスドローで前半終了となった。

 

 

後半立ち上がり、サークル・ブルージュの時間帯が続くが、堅い守備でゴールを守り続ける。59分、橋岡選手がシュートを放つが枠の外へ。その後63分、中央から崩され先制点を許すと、続く68分には、ミスから高い位置でボールを奪われショートカウンターから追加点を奪われた。2点を追いかけるSTVVは、伊藤選手、山本選手、バーンズ選手を投入。終了間際には、伊藤選手が得意のカットインからファーを狙ったシュートを打つが、惜しくもポストに弾かれる。最後まで諦めず攻め込むも、ゴールを奪えず、0-2で試合終了となった。次節は、敵地に乗り込みシャルルロワと対戦。第2節ぶりの勝利を狙う。