NEWS

ニュース

  • 試合
  • クラブ
  • STVV
  • 試合
  • クラブ
  • STVV

【試合レポート】鈴木選手のゴールで先制し、2-1で昨季2位の強豪に開幕戦で勝利!

 

第 1節 ヘント戦@スタイエン(H)

日時:8月9日(日)20時30分キックオフ

結果:2-1

得点:鈴木優磨(2分)、プラストゥン(42分)、コリーディオ(60分)

日本人選手:鈴木優磨、中村敬斗

 

【先発】

GK/ステッぺ

DF/テシェイラ、ムマエ、ガルシア、サンコン

MF/ダーキン、コロンバット、デ・リダー(75分→ジョニー・ルーカス)

FW/鈴木(73分→ナゾン)、コリーディオ、中村(59分→イ・スンウ)

 

ケヴィン・マスカット新体制のプレシーズンを好調で終えたSTVVは、2019-20シーズンを2位で終えたヘントと開幕戦で対戦。

 

2分、幸先良く先制。ガルシア選手のクロスをファーで待ち構えた鈴木選手が押し込み、最初のチャンスでゴール。その後も、攻め続けるカナリアスは、18分、中村選手がこぼれ球に反応し、ダイレクトでボレーシュートを放つもGKが好セーブ。36分、コリーディオ選手のボール奪取からシュートチャンスを迎えるも追加点ならず。

 

前半終了間際の42分に、CKから失点し前半を1-1で折り返しますが、新戦術が機能し、強豪ヘント相手に内容でも互角以上の戦いを見せます。

 

後半は、59分にイ・スンウ選手が中村選手に代わり投入されると、いきなり魅せます。クロスのクリアミスで混戦となったところにイ・スンウ選手がシュート、相手にブロックされますが、こぼれ球をコリーディオ選手が相手のGKの股を抜くシュートで2-1で逆転。

 

逆転後、押し込まれる展開になりますが、チーム全員で体を張り集中して守り切り、2−1で開幕戦を勝利で飾りました。

 

次節は、リーグ優勝総34回を誇る強豪のアンデルレヒトと対戦(日本時間8月17日(月)1時45分)。