NEWS

ニュース

NEW
  • 試合
  • クラブ
  • STVV
  • 試合
  • クラブ
  • STVV

【親善試合レポート】中村選手が初ゴールを決めるも、引き分け

 

親善試合  7試合目 オイペン戦

日時:731 () 1時キックオフ

結果:2-2

得点:ムソナ(12分)、中村(41分)、コリーディオ(43分)、エンドリ(75分)

日本人選手:鈴木優磨、中村敬斗

 

【先発】

GK/ヴァン・マルセニーレ

DF/サンコン(70分→ヴァン・ヘルデン)テシェイラ(46分→プアトゥ)、ガルシア(35分→ヴァン・ウェセメール)、ムマエ

MF/デ・リダー、コローンバット、ダーキン

FW/鈴木(46分→バロンゴ)、コリーディオ、中村

 

現地時間18時キックオフでも、35度を超える快晴の中で、オイペンとのプレシーズン最後の親善試合が行われました。

 

鈴木選手が45分間プレーし、前線で起点を作り、同じくスタメン出場の中村選手との連携でDFラインを崩したりと好調な姿を見せます。

 

試合は、12分にミスから失点をするも、41分、中村選手が左からカットインでシュートを放ちゴールネットを揺らします。中村選手の初ゴールで勢いに乗ったSTVVは、43分にコリーディオ選手のゴール正面のFKが壁に当たりながらも決まり、前半終了間際に立て続けに2得点を奪い逆転。

 

後半、暑さが続く中激しくプレーを続けた両チームですが、75分にミスからエンドリ選手に決められ2-2の同点に。試合終了のホイッスルが吹かれるまで全力で闘いますが、ゴールは生まれず2-2で終了。

 

今シーズンのプレシーズンマッチを4勝2分1敗で終えたSTVVは、来週に迫った2020-2021シーズンの開幕に向けて準備を続けます。