NEWS

ニュース

  • イベント
  • クラブ
  • STVV
  • イベント
  • クラブ
  • STVV

「e-Stadium at home DMMゴールデンマッチ」は1勝3敗と悔しい結果に!

サッカーゲームを使ったJリーグ提携クラブとのオンライン親善試合「e-Stadium at home DMMゴールデンマッチ(主催:合同会社DMM.com)」の試合結果をお知らせいたします。

 


【Day1】

 

▼エキシビションマッチ1戦目 対 大分トリニータ

日時:5月9日(土18時25分キックオフ

  • 鈴木優磨選手(STVV) vs 三竿雄斗選手(大分トリニータ)

結果:2-1

約2年共にプレーした2人の一戦はまさに「負けれらない戦いに」。鈴木選手が自身で2得点を奪う「あっぱれ、な勝負強さ」を見せ初戦を2-1で勝利。

 

 

  • 伊藤達哉選手(STVV) vs 岩田智輝選手 (大分トリニータ)

結果:4-0

既に面識のある2人の戦いは、STVV左サイドの伊藤選手と大分トリニータ右サイドの岩田選手のサイドでの攻防に。伊藤選手がドリブルでサイドを切り裂き好機を演出する中、岩田選手はオウンゴールに絡むなど、自身の操作が勝敗を分けた一戦は4-0で伊藤選手が快勝!

 


▼エキシビジョンマッチ2戦目 対 北海道コンサドーレ札幌
日時:5月9日(土)19時10分キックオフ

  • 伊藤達哉選手 vs 菅大輝選手

結果:①STVV vs 北海道コンサドーレ札幌 1-2

②SSC ナポリ vs チェルシー 0-2

勝てば「白い恋人1年分」を賭けて勝負に挑んだ2人は、トークが弾みながらも真剣にプレー。シュミット選手の好セーブが飛び出すも、連戦の疲れが出たSTVVが追加点を奪えず1-2で敗戦。

 


【Day2】

 

▼エキシビジョンマッチ1戦目 対ファジアーノ岡山
日時:5月10日(日)18時25分キックオフ

  • シュミット・ダニエル選手 (STVV)vs 上門知樹選手 (ボローニャ)

結果:2-1

キャプテンに選出したシュミット選手自身で好セーブを連発し。攻撃時にはボール回しの起点になるプレーを見せるなど躍動。終了間際にイ・スンウ選手で勝ち越しゴールを決め2−1で勝利。

 

 

  • シュミット・ダニエル選手(川崎フロンターレ) vs デューク・カルロス選手(川崎フロンターレ)

結果:1-5

シュミット選手は中央大学所属時の強化指定選手として、カルロス 選手はユース年代で所属した川崎フロンターレダービーに。普段から「FFA20」をプレーしているカルロス選手にパス回しで圧倒され1-5で大敗。

▼エキシビジョンマッチ2戦目 対 アビスパ福岡
日時:5月10日(日) 19時10分キックオフ

  • 松原后選手 (清水エスパルス)vs 木戸皓貴選手 (トッテナム)

結果:2-4

古巣の清水エスパルスを使用した松原選手も、開始早々にPKで失点しリズムを崩します。その後、ゲームに集中し同点に持ち込みますが、MC ⻄岡明彦氏とのトークが弾んでいる間に勝ち越しゴールを許し、2-4で敗戦。

 

  • 松原后選手 (バルセロナ) vs 三國ケネディエブス選手 (ボローニャ)

結果:2-1

三國選手との2試合目は、バルセロナを使いパスサッカーで相手を翻弄。「1試合目で学習した」と手応えを見せた松原選手がリズムよく先制すると、そのままリードを守り切り2-1で勝利。

 


 

■大会概要

  • 大会名:「e-Stadium at home DMMゴールデンマッチ」
  • 日程:2020年5月9日(土)・10日(日)両日18時25分キックオフ(17時55分配信開始)
  • 参加チーム:シント=トロイデンVV(ジュピラー・プロ・リーグ)、北海道コンサドーレ札幌、大分トリニータ、アビスパ福岡、ファジアーノ岡山(明治安田生命Jリーグ)
  • 参加選手:シュミット・ダニエル、鈴木優磨、伊藤達哉、松原后(以上、STVV)、三竿雄斗、岩田智輝(以上、大分トリニータ)、上門知樹、デューク・カルロス(以上、ファジアーノ岡山)、菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)、木戸皓貴、三國ケネディエブス(以上、アビスパ福岡)
  • 配信方法:STVV日本公式Youtubeチャンネル STVV日本公式TwitterサッカーキングYoutubeチャンネル
  • 対象ゲーム:『FIFA20(エレクトロニック・アーツ)』
  • MC:⻄岡明彦

※このトーナメントは、エレクトロニック・アーツまたはそのライセンサーの提携および出資を受けたものではありません。