NEWS

ニュース

  • 試合
  • クラブ
  • STVV
  • 試合
  • クラブ
  • STVV

【試合レポート】年内最終戦、イ・スンウ選手デビューも1-0で敗戦

 

第21節 ベフェレン戦@フリーシエル・べフェレン(A)

日時:12月26日(木)22時30分キックオフ

結果:1-0

得点:ミロセビッチ(35分)

日本人選手:シュミット・ダニエル、鈴木優磨

 

【先発】

GK/シュミット

DF/ガルシア、ムマエ、サンコン

MF/アサモア(86分→トローンベックス)、ダーキン、アコラツェ、ボタカ、ソウザ(69分→イ・スンウ)

FW/鈴木、バロンゴ(46分→コリーディオ)

 

年内最後のゲームで、小林祐希選手の所属する15位ベフェレンとのスターティングメンバーには、シュミット選手と鈴木選手が選出されました。

 

前半、左サイドからアコラツェ選手の個人技でチャンスをつくりますがゴールを奪えずにいると、35分、ミロセビッチ選手にミドルシュートのこぼれ球を押し込まれ先制点を許します。失点後、同点を目指し攻めますが1-0で前半終了。

 

後半開始早々、前線の連携からソウザ選手がシュートを放ち後半最初のチャンスを掴みます。続けて途中出場のコリーディオ選手がアコラツェ選手のクロスからチャンスを迎えますが相手DFのブロックに合い得点ならず。

 

61分、CKから鈴木選手が頭で合わしますが、枠を捕らえらえずにいると、68分、イ・スンウ選手を投入し同点弾を狙いますが、最後まで得点を奪えず1-0で試合終了。

 

次節は、ウィンターブレイク明けに2020年の初戦を日本時間1月19日(日)4からコルトレイクと対戦します。