NEWS

ニュース

  • 試合
  • クラブ
  • STVV
  • 試合
  • クラブ
  • STVV

【試合レポート】ブヤ選手デビュー戦同点弾!【ロケレン戦】

日時:8月12日(土)3時キックオフ

場所:スタイエン(H)

結果:1−1

得点:ブヤ(84分)

日本人出場選手:冨安健洋、遠藤航

 

【先発】
GK/ステッペ
DF/デ・ペッター、冨安、テシェイラ、

MF/ボタカ、遠藤、ベズス、デ・ノーレ(→82分レジャール)、セバロス
FW/ボリ、ナゾン(→62分ブヤ)

 

ゲンクとの白熱したリンブルフダービーを1−1のドローで終えたSTVVは、昨シーズンのプレーオフ2で1分1敗と苦戦したロケレンとホーム・スタイエンで対戦。去年のリベンジに加え、今シーズン初勝利を目指します。

 

冨安選手が3バックの右ストッパーとして3試合連続で先発出場し、後方からのビルドアップでいい縦パスを入れるなど、攻守で貢献します。遠藤選手はボランチで加入後初のスタメンフル出場となり、チームの舵取り役として90分間安定したプレーを魅せました。

 

前半はDFラインから中盤のセバロス選手、ベズス選、遠藤選手につなぎ、連携した攻撃を見せるSTVV。21分に左サイドを崩されシュートを放たれるも冨安選手が見事シュートブロック。その後、CKからカウンターでセバロス選手、デ・ノーレ選手、遠藤選手と繋ぎ、遠藤選手の絶妙の横パスにセバロス選手がシュートもわずかに外れます。31分にはベズス選手が前線でボールを奪いそのままドリブルで持ち込みミドルシュートもわずかに枠外。得点の匂いを醸し出しながらもゴールが遠い時間帯が続きます。

41分、冨安選手が中盤でボールを奪い、ドリブルで右サイドを駆け上がります。上げたクロスは惜しくもキーパーがキャッチ。幾度も好機を演出しながらもゴールネットを揺らすことはできないまま、ハーフタイムを迎えました。

 

後半開始早々、左サイドを突破したデ・ノーレ選手のクロスからセバロス選手のシュート! ついにゴールかとスタンドも湧きますが、キーパーの好セーブに阻まれます。61分には加入したばかりのアフリカ人快速ストライカーのブヤ選手を投入し、先制点を狙いにいきます。75分、76分と立て続けにゴールチャンスをつくるも、一瞬のスキをつかれ78分に左サイドを崩されまさかの失点。

 

1点ビハインドとなったSTVVは82分にレジャール選手を投入し同点を目指します。84分、右サイドをボタカ選手がドリブルで突破し見事なクロスから、新加入のブヤ選手がヘディングでネットに叩き込みデビュー戦初ゴールで同点弾! その後も必死に勝ち越し点を狙う猛攻も、あと一歩が届かず。1−1の同点のまま試合終了のホイッスルが鳴り響き、初勝利は次節までお預けとなりました。

 

節4節は8月19日深夜3時キックオフ、アウェーのベフェレン戦です。今シーズン初勝利を目指すSTVVの応援をよろしくお願いします。