【親善試合レポート】KVKウェレン戦に冨安選手出場! | STVV(シント=トロイデンVV)日本公式サイト

ニュースNEWS

2018.6.26

  • 試合
  • 全て
  • チーム

【親善試合レポート】KVKウェレン戦に冨安選手出場!

日時:6月24日(日)0時30分キックオフ

結果:0-6

得点:ボリ(2)、デ・ブルン、ヤンセンス、アサモア、エイブラハムズ

 

先発:ステッペ、テシェイラ、冨安、アンテゥネス、デ・ノーレ、ベズス、デ・ペッター、デ・サート、デ・ブルン、ボタカ、ボリ

後半:ステッペ、マタレーゼ、オプデンアッカー、デュソー、ブラホヤヴィッチ、ボラード、アサモア、エイブラハムズ、イト(→ゴダード)、ヤンセンス、ニチウ

 

今シーズン初の親善試合はシント=トロイデンから車で15分ほどの場所に位置するKVKウェレンでのアウェー戦。
アマチュア3部(ベルギー5部)のKVKウェレンを相手に、ポジションや動きを確認しながらゲームをコントロールし、0-6で完勝しました。

マーク・ブレイス新監督のもと、3日連続で2部練習の後、親善試合当日の午前中にも練習を実施。

ハードトレーニングの影響か、疲労でプレーが重そうな選手も見受けられましたが、付け入る隙を与えず実力の差を見せつけました。

 

先日契約を結んだアレクサンダー・デ・ブルン選手はSTVVデビュー戦でゴールを決め勝利に貢献。

同じく新規加入のデュカン・ナゾン選手は右裏腿の張りの影響で、試合には帯同したものの別メニューで調整しました。

 

トゥーロン国際大会2018から戻ってきた冨安選手はGKのステッペ選手や同じCBのテシェイラ選手と声を掛け合い、ディフェンスラインを調整。

自らボールを運ぶシーンも多く、ビルドアップに貢献していました。

「(自分の動きは)全然ダメです。監督の求めている動きがあまりできなかったのでこれからです」(冨安選手談)

と納得のいかなかった様子ですが、これからの調整、活躍に期待がかかります!

 

後半からSTVVの若手選手とテスト生を中心にメンバーチェンジ。

プレーオフ期間中に契約を結んだオプデンナッカー選手とニチウ選手のトップチームデビュー戦となりました。

 

セルビアからヨヴィチャ・ブラホヤヴィッチ選手、U-16、U-17日本代表にも召集されたサイ・ゴダード、クラブ・ブルージュのセカンドチームからジョエル・イト選手の3選手も20日から練習に参加し、途中出場し監督にアピールしました。

 

2018-2019シーズンの第一歩を白星発進したカナリアス。

7月1日からのオランダ合宿を前に、6月27日、28日にも親善試合に挑みます。

 

【テスト生プロフィール】
ヨヴィチャ・ブラホヤヴィッチ(19歳)
DF
FKヴォジュドヴァツ(セルビア1部)
U-16、U-17、U-19セルビア代表

 

サイ・ゴダード(21歳)
MF
U-16、U-17日本代表活動に参加

 

ジョエル・イト(20歳)
MF
クラブ・ブルージュU-21